たんぱく質を摂ってダイエット?健康に良い食材や料理は!

たんぱく質が体にいいことは大体誰でも知っていますよね。必要な栄養素の一つであることも学校とかで習いますもんね。そしてたんぱく質が筋肉を作るだけでなく体の細胞とかを新たにする面でも大きな役割があるので、美容と健康のためにもたんぱく質は積極的に摂りたいですよね。

たんぱく質を効果的に摂る方法は、間違いなくプロテイン摂取です。毎食後と寝る前の1日4回摂取すること。これは、ジムのトレーナーさんが言っていたので間違いないはずです。

しかし、プロテインは、飲み過ぎると胃腸を壊してしまうこともあるため注意が必要なのですが、今回は、そういった胃腸ご弱い方におすすめな食材、鶏肉を使ったレシピを紹介したいと思います。

元気が出るレシピを参考にする女性鶏肉のなかでもとりわけ、カロリーが低く、値段も安い鶏ささみを使ったものが、一番のおすすめです。ささみは、基本的にパサパサした食感であり、正直、鶏もも肉の方が間違いなくうまいことはみなさんご存知の通りです。

そんな鶏ささみをおいしく調理するこつは、ゆでる際、片栗粉をまぶすことです。片栗粉をまぶすことで、鶏ささみのパサパサした食感がぷりっとした食感に変わり、まるで鶏もも肉、とは言えませんが、鶏むね肉のような食感へと変わります。

大して変わらない気もしますが、実際食べてみると分かります。本当においしいんです。ゆでたあとは、焼くなり煮るなりサラダチキンとして食べるなり、アレンジはいろいろできるのですんごく重宝しますよ。

鶏ささみに飽きたときは、鶏むね肉に変えてみてもいいかもしれません。鶏むね肉も同様に、片栗粉をまぶしてゆでると、今度は鶏もも肉に近い食感になること間違いなしです。実はまだやったことはありませんが、可能性は大です(笑)

そして鶏むね肉を使ったおいしい料理がこの世に存在しているのです。それは、宮崎の郷土料理、チキン南蛮です。チキン南蛮は、揚げた鶏肉を甘酢につけて、タルタルソースをかけて食べるものですが、この鶏肉は、もも肉で食べるより、むね肉で食べた方がおいしいです。

カロリーが気になる方も、「むね肉ならいっか!」となれること間違いなし。鶏むね肉を使ったおいしい料理を食べたいときは、ぜひチキン南蛮を作ってみてください。

ちなみにタルタルソースは、具だくさんがおいしいですよ。鶏肉を上手に使えば効果的に、そして比較的安い値段で取り入れることができるのでおすすめです。

もちろんたんぱく質を摂るだけでなく運動も組み合わせればなおのことグッド!ですよね。わたしはたんぱく質を意識的に取るようにしてから、お肌の調子が断然よくなりました。ですから女子にもぜひとも毎日摂るようにおすすめしています。

たんぱく質をとって代謝アップ!

栄養のある食事をする女性ダイエットって女性にとって永遠の課題ですよね。私もご多分に漏れずダイエットに挑戦しては、呆気なく敗れ去ったものの一人です。何度もいろんな方法に挑戦してきて、最近気付いたんです。私には食事を制限する方法は合っていないということに。

ダイエットというと、たいてい食事量を減らす事から始まりますよね。摂取する量を減らすことにより、体重が減るというのはいたって簡単明快な理論なのですが、それを知っているのと実践するのとは訳が違います。

食べることが大好きで、食べることによりストレスを発散させている私にとって、この方法はストレス以外の何ものでもありません。これが今まで惨敗し続けてきた原因です。

それならきちんと食べながら、健康的に痩せる事はできないものかと、いろいろと模索してみました。実は選ぶ食べ物や食べ方によって、代謝を確実に上げることができるそうです。

その一つがたんぱく質をしっかり摂取すること。たんぱく質とは、肉、魚、大豆等ですが、それを一日自分の体重1kgあたり1gとる必要があるそうです。

つまり体重50kgの人は50g摂取する必要があるという事です。お肉100gあたりたんぱく質は約20g含まれているみたいなので、単純に言うと体重50kgの人はお肉を一日250g食べる事になります。結構多いなあ。

でも大好きなお肉やお魚を、たくさん食べれるのは嬉しい!たんぱく質を摂取すると、代謝が上がるだけでなく、お肌や髪の毛も綺麗になるので、一石二鳥ですね。

前にこのブログで書いたとおり鳥のササミはたんぱく質を摂るのに優れているのでおすすめの食材です。でもササミはパサパサしてあんまり好きじゃないという人もいるかと思います。もしそうであれば、豆乳を牛乳の代わりに飲むというのもいいですよ。

牛乳にももちろん含まれているのですが、最近は牛乳が体にあうかどうかみたいな問題もあるので、豆乳をおすすめします。お料理にも使えますし、朝などは豆乳をベースにしたスムージーにすればダイエットとたんぱく質の両方をとれるというメリットの多い食事ができますよ。

いずれにしても痩せるためには、食事量を減らすことよりも、食事の内容を改善するほうがいいことが一番大切なポイントです。リバウンドしない、体の調子を落とさないダイエットをしたいなら、そのことを念頭において考えてみてください♪

糖質制限にチャレンジしました!

食べられるダイエット!糖質制限

食欲の秋が到来したころ、例にもれず私も美味しいものを昼夜問わず頬張る日々。人って罪悪感があると、見て見ぬふりをしたくなるものなのでしょうか…笑。なんだか服がきつくなった気がして、しばらくぶりに体重計に乗った私の目に飛び込んできたのは恐ろしい数字でした!

実は、3年ほど前、3ヶ月で-10kgのダイエットに成功した経験のある私。その時はいわゆる『カロリー制限』つまり、食べないダイエットで痩せたんです。でも、ほぼリバウンドしてしまった今の状態から、またカロリー制限で痩せられるのだろうか?

もう31歳で、3年前より確実に代謝も落ちているに違いない。何より、続けられない!そんな窮地に陥った私を救ったのが『糖質制限』でした。

もともとその存在は知っていながら、「本当に痩せるの?食事のバランスが偏るんじゃないの~?」と根拠もなく不信感を持っていたのですが、同じく体形に危機感を感じた夫が糖質制限にチャレンジしたところ、みるみるうちに顔がスッキリ!

1ヶ月ほどで6kgの減量に成功していたのです。目の前でその効果を見せられた私、ちゃっかり夫婦で糖質制限にチャレンジすることになりました。糖質制限は、食材に含まれる『糖質』を極力摂取しないよう心がける食事療法です。

糖質は炭水化物である米やパン、麺類、イモ類、砂糖に含まれています。代わりに野菜、肉、魚、チーズ、卵は食べてもOK!今までのダイエットだと敬遠されがちな肉やチーズを食べられるというのが嬉しいポイント。

カロリーも、そこまで摂取せず普段通りの食事の範囲内であれば考えすぎることはありません。意外と気をつけなきゃいけないのが、フルーツ類や調味料ですね。一見体に良さそうなフルーツには果糖と呼ばれる糖質がふんだんに含まれています。

とはいっても、良質なビタミンが豊富に摂取できるのがフルーツのいいところですし、なるべく糖質の少ないものを適量食べるくらいならOKです。調味料はみりんや砂糖を使ってしまうと、せっかくの糖質制限がパアですので、私はほとんど使わないようにしています。

でも、砂糖がないと煮物などで料理にコクが出ない…。そこで私はラカントSという植物由来の甘味料で代用していました。

まぁ、確かに最初はスイーツ食べたい、ラーメン食べたい、スナック菓子食べたい…なんて誘惑に悩まされましたが、そこで肉や魚をがっつり食べると、やはりしっかり食べたことで体も満足するのかどんどんその欲求が薄れていきました。

ただ、一番辛かったのはツイーツに対する欲求で、これにはローソンで展開されている低糖質スイーツ商品や糖質量の少ないビターチョコレートなどを少量かじって満足できるようにしています。

そんな毎日を過ごしているうちに、私も頬についたお肉がいつのまにかスッキリ。瞼周辺の肉もなくなり、目も若干大きくなりました。久しぶりに会った友達が「痩せたね!メイクも変えたの?」って、私の顔の変化に首をかしげる始末。

夫も「本当にすっきりしたよ~」と褒めてくれました。気づけば3週間ほどで-5kg達成。その後はゆるやかに数字が減少中です。何より、食べているのに痩せられるのがスゴイ!食後に眠くなることもなくなり、夫は仕事での集中力が増したそうです。

あくまでも『制限』ですから、体に良い範囲で、健康的に今後も糖質制限を続けていくつもりです。

生姜紅茶で激やせダイエット♪

1年前から、生姜にハマってます。冷え性対策のために、生姜を取り入れるようにしました。生姜を手軽に取るために、生姜紅茶を1日3~4日取るようになりました。

飲みはじめの時期は、生姜紅茶を飲むと体がぽかぽか暖かく感じてました。今は、生姜紅茶を飲んでも身体が温かく感じることがなくなりました。

生姜紅茶だけでは、身体が温まらないので食事にも少しずつ取り入れるようにしました。そうしてるうちに、生姜入りのお菓子や商品などが気になり始めました。

最近では、生姜に関する本を購入して生姜をどんどん取り入れるようにしてます。今では、生姜がなくてはならない生活になり、生姜が大好きになりました。健康や激やせのためにも、これから生姜を取っていきたいです。

1ヶ月で5キロ痩せました!

子供が小学生になった当初の事です。学校は自宅から10分位の距離なのですが、なにかと心配だったので自宅から五分の信号の所まで送り迎えをしていました。

夏休み前迄毎日朝と3時頃、5分×4で20分歩く事になります。でも子供のテンポだし、ごく短い時間なので全く期待していなかったのですが、4キロ痩せました!体脂肪率が下がり代謝が良くなったようです。平日毎日…というのが効いたのかもしれません。

あと、寝る前に毎日ストレッチをしています。寝転んだ状態で、足をピンっとあげて空中で大きく「あいうえお」とゆっくり文字を描きます。ゆっくりとした動作で足をあげて運動するのはきついです。

ですが、短時間で済んで、毎日やると決めたら続けられます。続けてから1ヶ月経過したのですが、ジーパンがするっと履きやすくなりました。

これからも、寝る前はこのストレッチを続けて行きたいです。激やせを短時間でしたい方におすすめです。短時間で絶対にしたい方はこの方法と夜の食事の考え方を変えることをおすすめします♪

足が太くなったらハイヒールで!

私は普段はあまりヒールの高い靴を履かないのですが、足が太くなったと感じた時には積極的にハイヒールを履くようにしています。

ヒールの高い靴で歩くと当然疲れますが、ふくらはぎの筋肉がいい具合に刺激され足全体が引き締まります。

また、家の中にいるときは、背伸びをした状態で歯を磨いたり、食器洗いや洗濯物干しをしたりという、”背伸び家事”をすることで、足の筋肉を衰えさせないようにしています。

今までの話ですが、実はぺったんこのパンプスばかり履いていたのですが、毎日8cm以上のハイヒールを履いて通勤するようにしたらふくらはぎと足首がきゅっと引き締まりました。

私の場合、往復40分の道のりを週5日ハイヒールを履いて歩いていました。2ヶ月くらいで細くなったと感じられましたよ。

体重は0.8kg程度しか減りませんでしたが「足首細い!」「足の形キレイ!」と褒められるようになったので見た目のダイエットは成功したと思っています。

4キロ痩せて太腿が5センチ細くなりました。

先日、会社の健康診断で体重が入社時より10kg近く増えていました。何か運動をして痩せないといけないと思い歩くことにしました。

最初は最寄駅から一駅手前で降りて、歩いて家まで帰るということをしました。一ヶ月で2kg程度は落ちましたが、もっと落としたかったので、一駅手前で降り、更にドンキホーテに寄り、店内を1時間かけ見て周るということをした結果、二ヶ月で10kg減量に成功しました。

それと、私的に時間が不規則な仕事なので、短時間でできる運動をと思い始めたのですが、近所の公園で鉄棒にぶら下がって両足をそろえて膝をできるだけ胸に近づけるように5~10回上げるだけです。

これを3日に一度ぐらいのペースでしていたのですが、これで1か月で4キロ痩せてウエストが4センチ、太腿が5センチ細くなりました。よく見ると少し腹筋も割れてきています。とても効果があると思います。