幸せホルモンセロトニンを増やす方法は?

最近幸せホルモンとかセロトニンとかって結構注目をされていますよね。

私もちょっと最近お疲れ気味ですのでそれらに興味があります。

やっぱりそんな時って身体が辛くなるだけでなく、気持ちも落ち込んだり、ちょっとした事でイライラしてしまったり、やる気が起きなかったりしますよね。

そんな自分が嫌になって余計に落ち込んだりして・・・

今そんな悪循環に陥ってます。「5月病」なのかな?別に環境が変わったわけでは無いんですけどね。

でもこの時期、精神的なバランスを崩してしまう方も少なくないと思います。

春から新たな環境になりそれに慣れるために一所懸命頑張って、ストレスと疲れが溜まって爆発寸前の人もおられるかも知れません。

私は今のこの状態から抜け出すために、「幸せホルモン」セロトニンを増やすべく生活に少し調整を加えてみました。

セロトニンとは脳内伝達物質のひとつですが、精神や感情を安定させるという大切な働きをしてくれているホルモンなんです。

そのためこのセロトニンというホルモンが極端に少なくなるとうつ病の原因になると言われています。

セロトニンには「ストレスに強くなる」という効果もあります。

たとえストレスになることに直面したとしても、このセロトニンが正常に働いてくれるなら、感情をコントロールすることができ、思考がネガティブにならずにすみます。

また血圧や体温を上昇させる働きをしてくれるので、朝すっきり起きることができ、活動するための身体の準備を整えてくれます。

他にも記憶力や集中力アップにも効果的なので、仕事や勉強の効率を上げてくれたり、アンチエイジング効果も期待することができる、とっても嬉しいホルモンなんです。まさに「幸せホルモン」ですね。

でもこのストレス社会の中で生活していると、それに対処しようとこのホルモンが大量に消費され、セロトニン合成が間に合わなくなって不足に陥っている人が多いようです。

そしてセロトニンが不足すると感情を制御しにくくなり、落ち込んだりイライラしたりしてしまい、余計にセロトニンを必要とする状態になって悪循環に陥るようです。

う~ん、恐いですね・・・ちょっとした事でイライラしたり、気分が落ち込んだり、物忘れが多くなったり、身体がだるくてやる気が起きなかったり、いくら寝ても眠たかったり・・・セロトニン不足の症状全部当てはまってます(泣)

そこでセロトニンホルモンを増やすために生活を見直し調整してみました。

ウォーキングをしている女性まずセロトニンの生成には太陽の光を浴びることが欠かせません。

またウォーキングやランニングなど一定のリズムでする運動がセロトニン分泌を促してくれるようです。

それで朝の散歩を始めてみました。

そんなに長い時間ではないのですが、20分ほど毎朝ウォーキングをするようにしています。

「すでに疲れているのに運動すると余計に疲れそう」と思われるかも知れませんが、実は運動不足が更なる疲れを生んでしまうようです。

朝の爽やかな空気の中の散歩はとっても気持ちが良くて、それだけでも癒されますよ。また身体が活動モードに入るので仕事も始業時から集中して行うことができます。これはなかなか良い習慣だと思います。

またセロトニンの材料となるトリプトファンが多く含まれる食べ物を積極的にとるようにしています。バナナや乳製品や大豆食品が良いみたいですよ。

ヨーグルトや納豆などの発酵食品は腸環境を整え、セロトニン生成の材料となる栄養素の吸収を良くするので、特に意識して摂るようにしています。

後はたくさん笑ったり喋ったりすること。疲れているときは人と接することがしんどくなりますが、だからといって人を遠ざけてしまうと逆効果です。そんな時は信頼できる気の置けない友達や家族と話し、いっぱい笑うことでこの物質の量が増えるようです。

こんな時は友達や家族の大切さ、ありがたみを特に感じますね。愚痴を聞いてもらうこともできますが、私はできるだけ楽しい話をして、バカなこともいっぱい言いながら、ゲラゲラ笑っています。愚痴を聞いてもらうよりもこっちの方がストレス発散されるような気がします。

幸せホルモンであるセロトニンを増やして毎日イキイキと過ごして生きたいです。皆さんもホルモンを大事に考えてくださいね。

頑張れない!やる気が出ないときは掃除をする!

頑張れない!やる気が出ないときは掃除、整理整頓をする。

期限が迫っている!どうしても時間が無いけどどうしても気力が無い、やる気が無いって方も多いはずです。

それでもって、結果的に期限に間に合わなかった、無理だったと残念な結果に終わる事もあるかもしれません。

ずるずると気力が無いまま、時間がたつのを避けるためにどのような行動をするかを考える事も大切だと思います。

やる気を起こすのには沢山の方法がありますけど、それを全てここで話すと二年かかってしまうのでw

多少ですが、私がやる気が無いときにどのような事をしているのか記載しておきます。

どうしてもやる気が出ないときって、運動すらしたくないって思いませんか?

ご飯を食べるとその消化時間の関係上、血液が胃とか腸のほうに移動させられ、頭がボーっとしたりけだるくなったりもしますよね。

そういうときも全然やる気がでなく、それどころかちょっと布団の中に入って、寝ようかなって考え出したりもしてくることがあります。

とりあえず、やる気がなくてそれでも集中をしなければいけない場合は、ちょっと一番近くのものから片付けてみてはいかがでしょうか?

そこが綺麗になると、多少ですが気持ちよくなってきたりします。

そして、ここも汚いな~って思うようになることもあり、段々周りのものを掃除したりします。

その結果部屋全体が整理整頓をされていき、そして、その掃除をする運動により、血液の流れが良くなり、頭の活性化に繋がっていきます。

そのうちさて綺麗になったし、仕事にも集中をしていくかなって思うことでしょう。(多少人によって異なりますw)

とにかく頑張りたいけど頑張れない。

やる気が出ない!根性が無いとか思う人は部屋(家全体)の掃除を少しずつきれいにして、その綺麗になったところをしっかりと見てみて、

「お~綺麗になった!」

って喜ぶと良いと思います。

喜ぶ事によって気持ちが段々明るくなり、次々と行動をしていく気になってくると思います。

急げば回れという言葉もあり、

「急いで何かをしなければ!」

と思えば思うほど、人間である以上こんがらがっていくからまっていくこともあるので、そのときは家の整理整頓をして、すっきりさせると頭も整理整頓をしていくことになる可能性も当然ありますので、是非とも最初は少しずつでも良いので、実行をしていっていただけたらと思います。

アロマオイルの香りで気分転換!

香りを上手に使えば身体と心のトラブル解消と健康促進ができる?

皆さんは好きな香りってありますか?

きっとほとんどの人にお気に入りの香りがあると思います。

私が好きな香りは、柚子の香りとコーヒーの香り、レモングラスの香りです。

柑橘系の香りはかなり好きですね。気分がすっきりして、元気になります。

朝起きてコーヒーをたてるときのあの幸せ感。

それに焼きたてのパンの香りなんかがあると、もう最高ですね!

まあこれは香りだけではなく、食べるという喜びが引っ付いているので、少し違うかもしれませんが・・・

アロマで癒される

アロマテラピーというものがあるように、

香りというものは人間の身体面にも精神面にも影響を及ぼすものですよね。

香りは気分を変えるだけではなく、病気の治癒にも役立つようですから、香りの力は偉大ですね。

では香りが人間の身体にどの様に影響をおよぼすのでしょうか?

そのメカニズムについて説明したいと思います。まず香りの分子が電気信号として鼻の奥の臭神経に届き、それが大脳辺緑系に伝わるそうです。

脳のこの部分は記憶や感情の整理、自律神経やホルモンの調整を行っているところだそうです。

しかしストレスにさらされるとそれらの働きが低下してしまい、身体の不調や病気として表れてしまいます。

そこで香りにより脳をリラックスさせることにより、不調を取り除くことができるようです。

また植物油などに精油をまぜてマッサージオイルとして使うことがあると思いますが、

そうすると皮膚の表面から精油の成分が浸透し、血管を通して全身に行き届くので、

皮膚の表面だけではなく、筋肉や臓器にまでその効果を発揮することができるのだそうです。

私はよくアロマオイルを使ってリフレッシュしたり、気分を落ち着かしたりしています。

ちょっと疲れているときでもお気に入りの香りをかいで、ゆったりしていると元気をもらえるんです。

お気に入りの香りを作ろう!

だからお気に入りの香りのスプレーを作って

仕事のときも持って行き、ちょっと疲れを感じたら自分の周りにふったり、他に人がいるときはハンカチにひとふきして、香りを嗅いだりします。

香りを持ち歩くとどこでも気分転換、リラックスできるのでオススメです。

このアロマスプレーの作り方は簡単です。

スプレー容器に無水エタノール小さじ1杯と好きな香りの精油を10滴ほど入れ混ぜます。

そこに精製水45mlを加えて混ぜて出来上がりです。

入れるアロマオイルは1種類でも良いですし、何種類かを混ぜても良いそうですが、私は香りを調合するという高度な技は使えないので、一種類にしています(笑)

でも香りを調合することでよりアロマの効果が増すようなので、関心のある方はいろいろ調べてやってみてください。

花粉症に効くアロマもあるようで、ペパーミントやユーカリの香りは鼻やのどのトラブルに効果があるそうです。

花粉症の人はマスクにこれらの精油をたらしておくと良いかもしれませんね。

私は生理の時の辛さを軽減するために、気分を前向きにしてくれるグレープフルーツや、

痛みなどに効くといわれているカモミールなどをアロマポットでたくようにしています。

香りが与える影響

香りが与える影響を考えるとぜひとも生活に取り入れたいと思っています。

例えば、「香りの記憶」というものがあります。

なつかしい香りをかぐと昔の記憶がよみがえるといわれています。

単にその香りだけでなく、その時の状況や風景までがあざやかによみがえるんだそうです。

つまり脳は香りをちゃんと記憶しているというわけです。

また集中力をアップさせたり、眠気を覚ましたり脳に与える影響は非常に大きいのです。

ですから上手に使えば今まで活用していなかった脳を活性化させたり、失われていた部分を取り戻したりするのにも役立つのです。

視覚や聴覚の重要性はよくクローズアップされますが、脳に与える影響という点では、嗅覚も大事な事を忘れないようにしましょう。

生活の中にうまく香りを取り入れて、身体や心のトラブル解消や、より健康を得るために使って行きたいですね。

イライラを溜め込まないストレス対策は?

イライラを溜め込まないストレス対策は?

毎日の生活の中でイライラすることって多いですね。

ストレスになることが多すぎて、気が付くと気持ちがささくれ立ってしまっている時があります。

なんて自分は小さな人間なんだろうと悲しくなってしまいます(泣)

でもこのイライラを溜め込んでしまうと、決して体にはよくないですよね。

血圧を上昇させたり、胃を痛めたり、脳や血管、心臓にも悪影響があるそうです。

自分の気持ち一つで体が影響されてしまうんですから、気をつけたいですね。

イラッとすることは他人と接する以上仕方の無いことかもしれませんが、それを溜め込まないためにできることは幾つかあるようです。

ちょっと一呼吸

まず大切なのはイラッとした時に、少し時間を取ること。

イラッとすることばかりに目を向けてしまうと、イライラはつのるばかりです。

私もよくやってしまうのですが、衝動的に言わなくてもいいことを言ってしまい、他の人を傷つけたり、自分自身が落ち込んだりということになりかねません。

だからイラッとした時はちょっと立ち止まって、深呼吸するようにしています。

息をいっぱい吸い込んで、お腹の中からゆっくり息を吐き出します。

そうするとイライラも一緒に吐き出せる気がします(笑)

後はイラッとした時はトイレなどに行き、鏡を見ながら笑顔をつくること。

人間って結構単純で、ちょっとイライラしていても顔が笑顔を作っていると、脳が騙されて気持ちも和らいでくるようです。

だから日ごろから笑顔を心がけていますが、気持ちが落ち込んだとき、イライラするときは特に笑顔で居るようにしています。

色彩効果で

またが気持ちに与える影響も大きいようです。

青色や緑色は気持ちを落ち着かせたり、リラックスさせる効果があるようなので、イライラしているときはちょっと空を見上げたり、周りの木をみたりするようにしています。

オフィスの中では、青空を見上げたり、綺麗な景色を見るのは難しいですけど、自分がいった綺麗な旅行の時の写真とか、小さな観葉植物をデスクの端にでも置いておくようにするのも一つの方法ですよね。

外回りのかたでしたら、ちょっとワンブレークできる公園などで、自然の風景を眺めるというのも効果は大きいみたいです。

休みの日にしっかり解消

その日のイライラはその日のうちに解消するのがベストです。

ですから自分なりの簡単な気分転換をもっておくといいですよね。

例えば何も考えずにただ笑えるような動画とか、子猫とか子犬の動画を見るなどでリラックスしている友達もいます。

少しの時間、アロマを焚いておいしいお茶とスィーツを食べてイヤなことを忘れるようにしているという人もいます。

お風呂も一つのリラックス方法ですよね。

お酒を飲んでストレス解消する方もいますが、それは注意が必要なんだそうです。

アルコールの力で感情のたががはずれて、不満が爆発!とかついつい何かやっちゃって、あとで余計に落ち込むという負のスパイラルに落ち込む可能性があるからです。

またお酒を飲むと睡眠の質も下がるので、イライラだけでなく疲れを翌日に持ち残すことにもなりかねませんので、飲んでも少量にとどめておくのが大事です。

お酒でストレス解消するというのはあんまり良い方法ではないと言われていますので、ご注意を!

そして休日はこうしたイライラを解消するチャンスですから、しっかりと発散することを心掛けたいですよね。

でも注意しないと発散しているつもりが貯めこむことにもなりかねません。

例えばストレス発散と思って、どこかにでかけても、人込みでイライラ、渋滞でイライラでは意味がないですよね。

適度な休息をとって、確実に疲れは残さないというのがベストな方法です。といっても子供さんがいる家庭などはそうはいかないのも事実ですので、大変かと思います。

身近で簡単にできる自分なりのリラックス方法を見つけることが何よりの解決策といえそうです。

ですから、どんな食事、どんな入浴、どんな趣味をもつのかを考えてみると良いのでしょうね。

私にとっては、入浴をゆっくりしながら本を読むこととか、漫才や吉本新喜劇をみることなどがいいリラックスです。

お笑いも刺激的なものというよりは昔ながらの安心してみていられるようなお決まりのパターンのものがリラックス効果は高いような気がします。

毎日お忙しい皆さんに少しでも役立つ情報をお知らせしてストレス対策に貢献できればと願っています!

気楽な気持ちで暮らせる世の中になれば一番ですよね。

そんな事に役立つ情報も少しでも探していきたいと思います。

(C)高知の人生相談 宗永 高知(むねなが たかとも)